働く30代女性の理想のライフスタイル

清水 愛


私の状況を理解してくれる職場を探していました。

女性にとって30代というのは、様々な決断を迫られる、非常に難しい年代だと思います。私の場合は、子供が生まれ、育児を中心にライフスタイルが大きく変化しました。

大学時代は応用化学を専攻していた関係もあり、関西の化学系の会社へ総合職で入社しました。同じ職場で働く主人と結婚し、まもなく一児を身ごもりましたが、職場の環境要因のため退社しました。

次に妊娠し、それも双子であるとわかったときに、これは自分たちだけの力では育てていけない、誰か家族の手助けが必要だと思い、主人と相談して私の実家の協力を得るため、金沢へ家族で移ってきました。

小さな子供3人の相手は予想以上に大変で、無我夢中で子育てに追われていました。長男が保育園に通い出したぐらいから、ほっとしたのもつかの間、「3人の子供を育てていくためには、私も働かなきゃやばい」と気づき、仕事を探すことにしました。

ハローワークで、自分の希望として子育てと家族が優先、働けるのは10時から15時まで、土日祝日はお休みという条件で相談したところ、ジョブシステムをご紹介いただきました。

 

仕事探しにあたって私が考えていたのは、やりたい仕事よりも、私の置かれている状況を理解したうえで働かせていただけるところ優先。自分の希望を全部話して、それでもだめなら次に行こうと割り切っていました。その代わり採用していただけたのであれば、どんな仕事であろうとできる限りのことはしようと考えていました。

ジョブシステムのコーディネーターの方は、私の出した条件を聴いてくださったあとで優しく「大丈夫ですよ。その条件を受け入れてくださる派遣先を一緒に探しましょう」と言ってくださいました。

そのときに紹介していただいたのが、現在の職場です。

仕事の50%は、人間関係できまります

最初にご紹介いただいた派遣先で、すんなり採用されたのは、ジョブシステムのおかげだと感謝しています。

「仕事が決まるのが早かったね」と主人にも言われました。 「人間関係ができれば、仕事の半分はできたようなもの」と、私の両親はよく言っていましたが、その意味が今になって身に沁みます。

不動産組合の事務補助が私の仕事です。職場はこぢんまりとしており、社員さんもみんな同世代で、派遣社員と正社員の線引きもなく、わからないことがあってもすぐに尋ねることができるような、たいへん働きやすい職場環境です。

情報サイトの更新や、情報誌の原稿整理といった業務には、これまで携わってこなかったので最初は不安でしたが、働かせていただいている以上「できません」とは絶対言えない。わからないことは聞いて吸収していく。最初は迷惑をかけるかもしれないが、できる限り一生懸命やるのが働かせていただいている者としての責務だと思います。

教えてくださる社員の中に負担をかけないように、常に手帳を携帯して教わったことをメモしました。そんな私に根気強く付き合ってくださった社員さんには本当に感謝しています。

子供が熱を出すなど、急にお休みをいただけなければならないときは、職場のみなさんにご迷惑をかけてしまうと本当に心苦しい思いがします。翌日出社すると「お子さん大変やったね。お大事にね」と私を気遣って声をかけてくださいます。救われた思いがします。

そんな皆さんのお役に立ちたいと、仕事が立て込んでいるときなどは、一緒に入力作業をお手伝いするなどしています。

すると今度は「清水さんがそこまでやってくれて本当に助かった」とお礼を言ってくださるので、本当に気持ちよく仕事ができています。それでこれまで10年間も同じ派遣先で続けて来ることができたのだと思っています。

子育てが一段落したら趣味の野球観戦を楽しみたい。

このような職場につなげてくださったジョブシステムには感謝しています。

学校や保育園に提出しなければならない書類のこと、有給休暇のことなど、気になること、わからないことがあるとジョブシステムに相談するのですが、皆さんその都度いつも丁寧に対応してくださいます。

社長も毎月1,2回は職場にお顔を出してくださいます。ちゃんと働いているかチェックしているのかな(笑)

ちゃんと気にかけていただいているのだと思うと、安心します。

 

子供たちも中学3年生と小学6年生になり、少しずつ育児からも手が離れてきました。もう少し長時間働いてもいいかなぁ、なんて思うときもあるけど、今の職場を変わるのはいやなので、「ここで働きながら」という前提ですね。とにかく、この職場が大好きです。会社が許す限りずっと働かせていただきたいと思っているくらいです。

 

子育てが終わったあとどうするのか、少し考えるようになりました。趣味の野球観戦を楽しみたいかな。

息子が野球をやっていた影響で、野球観戦が趣味になりました。スコアブックもつけられるんですよ。主人も野球好きなので、家では毎日テレビ、スマホ、iPadの3つのデバイスで野球中継が流しっぱなしになっています。

良い環境で仕事を続けながら、休日には好きな球場に足を運ぶ、これが今の私の夢です。

 

清水 愛 (しみず あい)