• HOME
  • 先輩の声
  • 大好きなブランドの代理店になるため、派遣で接客の勉強中です。

大好きなブランドの代理店になるため、派遣で接客の勉強中です。

山田みき


自宅でサロンを経営しながら、ショールームで受付スタッフとして働いています。

昔、大きな病気をしたことがきっかけで、「自然暮らし」に強いこだわりを持つようになりました。

そのこだわりは、娘を「森の幼稚園」という園舎を持たずに自然の中で幼児教育を行う幼稚園に入れるために、家族で新潟県に移り住んだほどです。両親も高齢になってきたこともあり、石川県へ戻ってきたのですが、オーガニックに対する情熱が冷めやらず、ハーバリストとしてサロンを経営することにしました。

サロン経営を本業として1年ほど頑張ったのですが、主人から、「続けたいなら、パートにでるなどして安定収入を得る方法を考えて欲しい」と意見されました。 とはいえ、知らないところへ飛び込む勇気がなく、また、どんな仕事がしたいかもわからないのですから、求人情報誌をパラパラめくっているだけでは仕事が見つかるはずもありません。

そんな時に、友人から紹介されたのがジョブシステムです。

 

ダブルワークで充実しています。

「ダブルワークで充実した毎日を過ごしています」という記事を女性誌等で見かけますが、それって本当なのかな?本業が上手くいかないから副業が必要になるわけでしょ。少なくとも私の場合は、そういうネガティブなスタートでした。

ジョブシステムでは、担当の方にそういう心のダメージを汲んでいただき、救われた思いがしました。

サロン経営を続けたいための副業なのだ ということも好意的に理解していただき、時間的条件などにあった派遣先を紹介していただきました。自分の夢を受け止めていただいたことが、何よりうれしかったですね。

派遣社員として働くのは初めてなのですが、こんなにも良いものなのだと実感しています。直接雇用だと、この会社で良かったのだろうか、仕事はきつくないかな、人間関係は大丈夫かなといった不安があります。

しかし、派遣なら、まずジョブシステムがその会社がどのような会社が事前に調べていただけますし、また会社の雰囲気・業務内容が自分と合っているか(できそうか)を判断した上で紹介していただけるのですから安心です。

派遣先においても、ジョブシステムと派遣先との信頼関係があるので、社員の方からも大切に接していただけます。ジョブシステムに守られているという、絶対的な安心感があります。

 

 

夢は、サロン専門のショップを立ち上げ、北陸全域にブランドの存在を広げていきたい

派遣先での私の仕事は、ショールームにご来場くださったお客様から住まいに関するお悩みを聴き、現地調査スタッフに繋げることです。

対話によってお客様の心を動かしていくところが、この仕事の面白さであり、やりがいを感じています。

よく社長は、「ショールームはお悩み解決の存在だ」とおっしゃっていますが、それはサロン経営とも通じるものがあります。お悩み解決は、お客様のお話を引き出し、深く理解することが重要です。

派遣のお仕事を始めて、私はお客様のお話をあまりきいていなかったことに気づかされました。良かれと思ってアドバイスしていたつもりですが、振り返るとそれは押し付けだったかもしれません。

また、派遣社員の私も社員同様チームの一員としてマーケティング会議などにも参加します。そこでは、コンサルティング会社の方からマーケティング戦略を学ばせていただいています。みんなで力を合わせ描いた計画どおりの流れで、目標以上の結果を達成できた時の喜びはたいへんなものでした。

サロン経営では、目標を設定しても結果がついてこないのですが、あの時の感覚を思い出し目標にコミットできる力をつけたいと思います。

夢は、テナントを借りてサロン専門のショップを立ち上げ、北陸全域にブランドの存在を広げていきたい。今はまだ力不足なので、ジョブシステムにお世話になりながら、生活のベースを築きつつ、夢に向かって様々なことを貪欲に吸収していきたいと思っています。

 

山田 みき (やまだ みき)